るS&P500連動型のETFを私が会社を退職するまで買い続けようと思っています

私は個別株式で資産運用もしますが、それは短期的に利益を出すためのトレードだったり、株価が短期的に二倍、三倍になるといった夢のある企業に投資する時に限ってです。
その他の資産はS&P500に連動したETFを買う方が絶対に成果が出る可能性が高いのでそちらで積み立てを行なっています。
だって、アメリカの大投資家がS&P500を買っておけばいいと言っていたので、私はそれを真に受けて購入しているのです。
私がS&P500がどのように選定されているのかを調べたところ、これは投資にはもってこいのものだということが分かったので、これは上がらないはずがないと思い私も購入することにしました。
はっきり申し上げて日経225とは会社のレベルがまるで違うので「バイ&ホールド」できると思います。
私は実は結構めんどくさがりやさんなので買って放置しておけばいいという商品であるS&P500連動型のETFを私が会社を退職するまで買い続けようと思っています。

ファクタリングサービスというのはよいことが多い

企業において資金繰りが大事というのは間違いないことであり、そこで足りないときにはどうすればよいのか、となりますが基本的には借りるしかないのですが、売掛金があるのであればそれを債権として買い取ってもらう、ということも出来ます。これがファクタリングサービスであり、これはとても審査が早く、また自社の経営状態がそこまで重要視されず、決算報告書などにも影響が本当に微々たるものである、というのがファタクリングサービスであり、銀行などの融資とは明確に違うことになります。ですから、そこまで悪いことではないのです。むしろ、よいサービス、助かるサービスである、といっても過言ではないでしょう。それは実にすばらしいことではありますが当然、手数料などはとられることになります。そのあたりは相手も商売であるから当然としても出来るだけ安いところを探す、ということを意識しておくことが重要になってくるのは確かといえるでしょう。