突然の県外への引越しと向き合う息子たちの話

私には中学二年生になる息子と小学六年生になる息子がいます。旦那の転勤が理由で、家族四人で県外へ引っ越してきました。突然の引っ越しで子どもたちの戸惑い、今までの友達との別れを辛そうにしていました。新しい環境でうまくやっていけるのか、私は子どもたちのことが心配でたまりませんでした。とくに、小学生はすぐにでも溶け込めるイメージがあったのですが、中学生にもなるとグループも出来上がっているし、部活動にも入らなければいけません。私は見守ることしかできませんでした。小学生の息子は学校へ行くなり当日から友達ができたようで、ランドセルを置くとすぐさま友達と遊びにいきました。こんなに早く友達ができて、帰ってきてからも楽しそうに話をしてくれることがとても嬉しかったです。中学生の息子はなかなか友達と遊ぶまでは行かず、休みの日は一人で家にいることが多かったです。それでも学校も楽しいし、部活動も楽しいと言っていたのでほっとしています。まだまだ友達と遊ぶまでは親しくなれていないようですが、これから徐々にでも外で遊ぶようになってくれたらいいなと見守っています。