10時世ぶりに行った江ノ島で島周りを売りました

10歳ぶりに江ノ島に行きました。今までは自家用車を使ってモータープールに駐めていたのですが、今度は江ノ電で心がけることにしました。駅舎から数分歩いて表れる江ノ島は、何ともモンサンミッシェルのみたいでした。その日は思いの外振りが強くて、江ノ島に通う橋の上では飛び交う砂に苦戦しながら、壮大な眺めを眺めていました。波もずいぶん荒くてコワイような気がしましたが、いよいよ島にたどり着くと竜宮城のようなノリが味わえます。昔の記念とは違って、何故か目新しい設備が何かとできていました。江ノ島では仲店でアイス通り掛けを食べたり、たこせんべいを横目で見たりしながら時点を上って神社に行きました。それからまたできるだけ時点を登り、裏の洞窟を目指して走り回りましたが、行程のつらさにひいひい言いながら歩いていました。途中で人懐こい猫を頭数匹見かけたりして和みつつ、刺々しい時点を抜けてたどり着いた洞窟は実際楽しかっただ。ここの岩肌に投げ付ける波はすごいて、浪花も見られました。