おんなじ時世なのにベビーの養育の違いに驚きました。

近隣と同じ層にベイビーを産みました。偶然ですが、友人の子供と同じ層に子供ができるなんて結構うれしく思いました。近隣は時としてお互いのマイホームを往来して遊ぶのですが、案の定題材は養育の課題がメインになりました。
 私も近隣も牛乳養育なのですが、両人ベイビーを産んです病院が違う。それでおんなじ牛乳養育も病院の方針で指示の対応が誤差、驚きました。私の行っていた病院は「牛乳も授乳は2、3日数サイクルをあけましょう。そうすると、真夜中も起きないので、養育が楽ですよ。」入院中からスパルタ指示でこの通りとしてきたのですが、近隣が行っていた病院は「牛乳は欲しがるだけあげてね。真夜中も起きなかったら、起こして授乳してあげて。」という、お互いの養育の違いに驚きました。因みにどちらの病院も牛乳養育に熱心な病院だ。随分養育の計画が違いますが、どちらの子供もとても健康でのびのび育っています。どうしても堅苦しく考えなくても子供は育つんだなぁ。ってのんきに思いました。