幼児が好きなキャラクタについていけない

保育園に通っている5歳の乳児は通常保育園で何して遊んだ、今日の塗り絵は何だったか教えてくれ、至ってうれしいし、明るいだ。3歳まではベビーが好きなアンパンマンやディズニーのヒーローなど好きで、私もそれなりに博士だったから、問題なく話したり、テーマパークにもレクレーションに連れていたりしました。今もそれをいうと、赤ちゃんじゃないから、お断りという。いま乳児が熱中しているのは、同階級に人気の「悪魔ウォッチ」、「ニンニンジャー」、「獣王族ジャー」等だ。冠だけならマミーもどうにもわかりますが、当然メインキャラクターも大概頑張って覚えています。赤ん坊の経験威力に尊敬するほど、TVに一斉しか見たことがない商品もたちまち覚えてしまう。昨日の塗り絵は何だったかなとマミーは何度聞いても不可能でしたが、「とうにマミーには言わない、再び良い。」といった怒らせました。依然として五歳なのに、苦しいだ。憶えられないマミーと違って、どうやら随分知らないと思った男子だが、ガイド赤ん坊というホットが一致するようです。漫画を見ていないのに、赤ん坊が気に入ってるヒーローの姓名を楽々出てきます。父子の声に侵入できない状態で、侘しいだ。